オースティンマホーンdirtyworkで、ブルゾンちえみカラオケやってみたい人!

本日のMステでオースティンマホーンの放送を見て、あ、ブルゾンちえみの曲ってこれか!って思った人多いのではないでしょうか。何を隠そう小学生の頃から洋楽ファンであるというちょっとムカつくガキだった時代をもつ私もこの曲は放っておけませんね!まぁすでのオースティンホマーンのdirtyworkは有名になってしまってる感もありますがね。

今回はこのオースティンホマーンのdirtyworkについて紹介でございます。

スポンサーリンク

オースティンホマーンdirtyworkの歌詞と和訳はかならず覚えて起きましょう!

今年の忘年会では間違いなくブルゾンちえみwithBが日本全国のカラオケ店に出没することでしょう。そんなときに、ブルゾン役もwithB役もできそうにない!

でもなんとか自分の存在感をアピールしたい!そんな方はこのオースティンホマーンのdirtywork、歌詞完璧に覚えて歌えるようになっておきましょう。

もう歌詞が英語で難しくて覚えられない!って人は最悪,nahnahnahnahってことだけでも雰囲気だして歌えるようになっておけばオースティン感むき出しで忘年会のサブヒーローもしくはヒロインになれることでしょう。

オースティンホマーン、今後流行る可能性大!

何言ってんの?オースティン流行ってんじゃん!という言葉が聞こえてきそうですが、そういうことではなく、このオースティンホマーン自体が今後もブルゾンちえみの売れ行きに関係なく音楽として流行っていきそうということです。お笑い芸人やテレビ番組で流行った曲として私たちの記憶にまだ新しい・・・とは言いがたいですが、芸人のヒロシさんのネタ中に流れる曲やマツコとマツコのオープニングで流れてたcoming as a manなんかがありますが、曲が何となく頭の中で流れてももう曲名とかアーティストとか忘れてるんじゃないでしょうか?

しかし、ブルゾンちえみの水性のごとく現れてドカっと売れたことも起因しているでしょうけれども、Mステにも出演したということは彼の音楽がそれなりに日本国内で認められたということでしょう。

そのうちにオースティンホマーンのCDアルバムが日本で爆発的に売れたりするかもしれませんね。

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク