プレミアムフライデー関係ない人、企業多すぎじゃない?

明日はいよいよプレミアムフライデーと心をうきうきさせている人いるんじゃないでしょうか?でも実際にプレミアムフライデー実施企業ってどれぐらいあるんでしょうか?一部の大企業、優良企業、官公庁のみではないかと思います。景気を経済を向上なんていって本当は一部のお役人さんたちが楽しみを増やしただけなんじゃないの?なんていう不満のような批判のような声も巷ではきかれているようですね。私の回りでもプレミアムフライデー実施企業は見事に皆無です。今回、勝手ではありますがプレミアムフライデーについて考えてみました。

スポンサーリンク

プレミアムフライデー関係ない人多し、誰得なの?

プレミアムフライデーが実施されることで、毎月のラストの金曜日が3時で切り上げられる人がまず増えます。そうするといろんな経済効果が期待できるということなのでしょうが、今現在プレミアムフライデー実施企業に勤められてない皆様、考えてみてください。

金曜が3時から切り上げられます!さあ、ご自由にお過ごしください!

おそらく、最初のうちの2、3回は目新しさや優越感のようなものも手伝ってちょっとお出掛けしたりご飯にいったり人によっては海外旅行にいったりもすることでしょう。しかし、全員が全員可能ではありません。

給料据え置きで休みが増えてもやることがなく家でゴロゴロしたり子供と遊んだりという人が多いかもしれません。

労働者にもっとゆとりをという点ではプレミアムフライデーは意義あるものとなるでしょうが景気の向上となれば話はまた別となるかもしれません。

では、プレミアムフライデー実施により飲食業界やデパート等の小売業といったサービス業界が潤うというお話。

確かに、プレミアムフライデー実施により金曜午後3時から少し早めの夕食に出向いたり、買い物にいったり旅行にいったりする人がでるため業界は潤うでしょう。しかし、業界が潤い店舗や会社が潤ってどうなのでしょうか?その潤った分を労働者に還元する企業や店舗は一体どれぐらいあるのでしょうか?

一部の富裕な人間の遊ぶ時間が増えてその分、忙しく働かなきゃいけないサービス業の労働者がでてくる。でもって、その還元はされないと。

もしかしたら、いやいや、サービス業ちゃんと還元されるよ?と言う人もいることでしょうが、正直、会社や店が儲かってそれを正直に公表し社員や従業員に還元するシステムをとっている企業、組織、この日本にどれぐらいあるのでしょうね?

プレミアムフライデーで本気で日本の経済向上を目指すのであればまずは企業への法の介入が必要になってくるのではないでしょうか?

経済の面だけではなく、もう記憶から薄れかけている人も多いかもしれない電通社員の過労による自殺問題、すき家の労働条件劣悪により発生した極度の人材不足、最近では東本願寺の4年間の残業代未払い発覚。

どこかおかしい今の日本の労働体制。その歪みをたださない限り景気の向上なんてあり得ないような気がします。

プレミアムフライデーは明るい施策のように見えて実際は行き場のない労働者や国民の不満や怒りを助長させてしまった結果になったかもしれませんよね・・・

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク