共同記者!女児殺害取材記者が被害者宅周辺住宅の壁蹴る住民が動画公開!

ベトナム人女児殺害事件があったことはまだまだ皆さんの記憶に新しいことと思います。そんな悲しい事件が起こればマスコミ達が近隣住民達に聞き込み取材をするというのはよくあることですが当然、そんな気になれないということで断る住民の方もいらっしゃいます。取材を断るのは住民の方の自由で断る権利が当然あります。しかし、そんな住民への取材を断られたことを腹いせに被害者宅周辺住宅の壁蹴るというなんとも幼稚な事件がありました。
関連記事:千葉ベトナム女児殺害澁谷恭正容疑者facebook炎上!住所と子供の写真もバレた!

スポンサーリンク

千葉・女児殺害取材記者が被害者宅周辺住宅の壁蹴る 聞き込み取材断られ…住民が動画公開

千葉県女児殺害の取材の最中、取材を断られて壁を蹴った記者。そんな記者の行動はしっかりと動画におさめられていました。というのも、取材を申し込まれた住民の方の家には防犯カメラが設置してあったのです。住民の方はどこの会社かは公開せずに警察に報告するとしています。

男性は社名を名乗ったとみられるが、住民はツイッターでは社名を明らかにせず、警察に報告するとしている。動画に映っている男性について、産経新聞に該当者はいない。

引用元:Yahooニュース

どうやら産経の記者ではないようです。

女児殺害取材記者が被害者宅周辺住宅の壁蹴る。共同通信社の20代男性記者記者と判明!

女児殺害取材記者が被害者宅周辺住宅の壁蹴るの犯人が共同通信社の記者であることが発表されました。

千葉県の小3女児殺人・死体遺棄事件で、松戸市の女児宅周辺の住民を取材していた共同通信の20代男性記者が15日、取材を断った住民宅の壁を蹴っていたことが17日分かった。この様子を記録した防犯カメラ映像がツイッターに投稿されたため、社内で調査したところ記者が名乗り出た。

 記者と上司は17日、この住民に謝罪した。共同通信社総務局は「許されない行為であり、ご迷惑をお掛けした方に深くおわびします。本人を厳しく指導するとともに、記者教育を徹底します」とのコメントを出した。

出典:共同通信

twitterでの壁蹴った記者に対し依然炎上中!


絶対にあってはならないモラルと配慮に欠け過ぎた幼稚すぎる共同通信社記者の行動

取材したいと申し込むのは記者という仕事をしているのであれば当然の行動でしょう。しかしそれを断られて住宅の壁を蹴る。これはもはや大人の行動ではありません。

自分の意見が通らなかったからモノにあたる。

子供の行動です。

いやだ!ボクは取材したいのに!いやだいやだ!なんで取材させてくれないのぉ!起こったぞ!壁蹴ってやる!

正直ね、こんな風にしかとられないですよ?マスコミの記者の方って、私は個人的にすごく頭のキレる方が多い印象をもっています。それでいて、真実の報道のために日夜走り回ってときに悪に牙をむき時に弱気者に寄り添う。そういう強さとやさしさを兼ね備えた方々ではないのでしょうか本来?

どうか二度とこういうことは起きてほしくないです。

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク