黒澤浩樹急性心不全で死去(享年54歳)武勇伝は本当か?

空手家の黒澤浩樹さんが54歳という若さで急性心不全のため亡くなられました。黒澤浩樹さんの早すぎる死にtwitter上などでも悲しみや哀悼の声が後を絶たない状況です。そんな黒澤浩樹さんについての紹介などを今回はしていきたいと思います。

スポンサーリンク

黒澤浩樹死去、急性心不全。twitter上でも悲しみの声

黒澤浩樹の急性心不全による54歳という若い死にネット上でも悲しみの声であふれています。


黒澤浩樹武勇伝は本当だった??

黒澤浩樹さんといえば、

大学の空手部、応援団 などをいじめていた。

平成3年6月の全日本ウェイト制選手権で、試合中に薬指の開放骨折をしていたがドクターストップされるまで戦い続けた。

相手の脚を下段回し蹴りで折ってしまい、16万円の慰謝料を取られた。

などの武勇伝があるようですがこれら、全部本当だそうです。

まーこれ、武勇伝なんですかねー・・

空手といえば、私のイメージでは、イジメとかって嫌う人が多いイメージがあります。空手に限らず格闘家の方々って、元はイジメられてたけど、強くなって誰かを守りたかった!みたいな正義感の強い人多いイメージなんですよねー

そんな空手家さんが大学時代にいじめる側だったとは

この話が本当ならば本人はもしかしたら武勇伝というより、汚点として恥ずかしく思ってるかもしれませんね。

強くてカッコイイ!

そんな格闘家の方、増えてほしいですねー

黒澤浩樹、ご冥福をお祈りします。

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク