新見第一中学校ソフトバンクロボットpepperを導入!価格はいくらなの?

岡山県新見市の新見第一中学校にソフトバンクのロボットPepperが導入されました。これにより、生徒のロボット学習の補助として役立てばと考えているようです。学校にpepper導入なんて全国でも珍しい試みではないでしょうか?今回は、この新見市の中学校のpepper導入に注目したいと思います。

スポンサーリンク

新見市新見第一中学校導入のpepper、どう使う?

新見第一中学校ではこのpepper導入により、ロボット学習の補助や理解の向上を目指すようです。

実際には、生徒がpepperに話かけたりできるようになるようです。

pepper導入、ロボットとのコミュニケーションで生徒は何を得る?

おおらく、今後は、IT化が進み対人コミュニケーションだけではなく、機械やコンピューター、ロボットとのコミュニケーションも重要な時代となってきます。そんな時代を生き抜いていかなければならないのは今の小学生、中学生、高校生となるわけです。

実際、ソフトバンクのCMでも、広瀬すずさんが、

私たちはスマホと成長する初めての世代だ!

なんて言ってますよね?すごい時代になりましたよね。

参照記事→SoftBankCM,SuperStudentで広瀬すずの隣は誰?女優、アイドル?

新見市内の小中学校にpepperを累計98台導入予定

新見市ではmpepperを98台、新見市内の小中学校に導入する予定としているようです。そして、使用期間は3年間。おそらくこの3年間の結果いかんによって後々のpepperの継続の有無を決めたり、別のIT教材の導入を考えるのかもしれませんね。

pepperの値段っていくらなの?

本体のみの購入であれば19万8000円です。スマホのようにはいきませんねー高いですよねー

ソフトバンクがロボット「Pepper(ペッパー)」の開発者向け販売を、2月27日より開始した。気になる価格だが、本体のみの購入であれば19万8000円。加えて任意加入の「Pepper 基本プラン」(1万4800円×月×36カ月)、「Pepper 保険パック」(9800円×月×36カ月)があるようだ……。

引用元:東洋経済

今後、全国にひろまるかもしれないpepperやIT,ロボット技術の学校への導入。これからの時代を生き抜く子供たちにとって必要なものそして、助けとなるものになるでしょう。もしかしたら、未来の学校では、先生ではなくロボットやコンピューターが授業をしているかもしれませんね。

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク