映画ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」のネタバレは?ローレン・カスバートソンのプロフィールは?

2月10日公開の、映画ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」はコヴェント・ガーデンで上演された英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気舞台を映画にしたものです。映画ファンのみならず、オペラファンからも注目が集まっている映画ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」。そんな映画ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」にフォーカスしていきたいと思います。

スポンサーリンク

映画ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」気になるキャスト、スタッフは?

それでは、映画ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」のキャスト、スタッフを紹介します。

キャスト
ローレン・カスバートソン
フェデリコ・ボネッリ
アレクサンダー・キャンベル
ギャリー・エイヴィス

スタッフ
音楽:ピョートル・チャイコフスキー
指揮:ボリス・グルージン
振付:ピーター・ライト 、 レフ・イワノフ

くるみ割り人形ってなに??

そもそもくるみ割り人形ってなんだ?という人のためにくるみ割り人形の紹介を少しやっておきます。

『くるみ割り人形』(くるみわりにんぎょう、露(原題): Щелкунчик, 仏: Casse Noisette, 英: The Nutcracker)は、ピョートル・チャイコフスキーの作曲したバレエ音楽(作品番号71)、およびそれを使用した2幕3場のバレエ作品である。
チャイコフスキーの三大バレエの一つであり、初演から100年以上を経て数多くの改訂版が作られている。ちなみにくるみ割り人形とは、人形の形をした胡桃を割る道具のことである。

出典:Wikipedia

くるみ割り人形の参考動画

少し昔のものになりますが、くるみ割り人形の参考動画を紹介します。

ロイヤル・バレエ 「くるみ割り人形」 2016年2月6日公開

ローレン・カスバートソンって誰?実はスゴイ、バレエダンサーだった!

この映画のキャストにも抜擢されたローレン・カスバートソン。について紹介します。

国際色豊かなロイヤル・バレエ団で唯一の英国人女性プリンシパル、ローレン・カスバートソンは、8歳でロイヤル・バレエ学校に入学し、コール・ド・バレエから全階級を経験してプリンシパルにまで上り詰めた、生え抜きのロイヤル・ダンサーだ。

出典:NBS

バレエの舞台を映像化した作品の映画ロイヤル・バレエ「くるみ割り人形」。他の映画とは一味違ったものとなっていることでしょう。

映画ファンもオペラファンも、バレエファンもぜひとも見ていただきたいと思います!

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク