ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち、ティムバートン監督で早くも話題に!ネタバレ?Wiki,評価は?

2月3日公開のミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちについてですが、ティムバートン監督ということもあり、中々の話題となっています。ティムバートイン監督といえば、ジョニーデップ主演のチャーリーとチョコレート工場が大人気作となりましたね。私も見ましたが、架空のチョコレート工場を舞台にした子供たちの夢や、わがまま、そして大人たちのふるまいについても考えさせられる映画でした。そんなチャーリーとチョコレート工場を手掛けたティムバートン監督の作品ということもありミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちへの期待は高まるばかりです。

スポンサーリンク

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちWiki,キャスト、監督、基本情報を公開!

それではミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのキャストなどの基本情報を公開します。

キャスト

エヴァ・グリーン
エイサ・バターフィールド
サミュエル・L・ジャクソン
ルパート・エヴェレット
アリソン・ジャネイ

監督

ティム・バートン

原題

MISS PEREGRINE’S HOME FOR PECULIAR CHILDREN

配給会社

20世紀フォックス映画

ネタバレ?ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちを少しだけ紹介

それでは、ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちを少しだけネタバレしちゃいます!

フロリダで生まれ育ったジェイク(エイサ・バターフィールド)は、周囲に馴染めない孤独な少年。そんな彼の唯一の理解者である祖父が、謎めいた死を遂げる。祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古びた屋敷を発見。そこには、美しくも厳格なミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン)と奇妙な子どもたちが暮らしていた。やがて彼らと心を通わせ、その不思議な能力を知るジェイク。しかもなぜか、彼らは毎日、1940年の9月3日を繰り返していたのだ。ジェイクがその事実と理由を知った頃、目に見えない脅威が屋敷に迫っていた。だが、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか。そして、自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙な子どもたちに訪れる大きな変化。そして、自らの身体に宿る力に気付いたジェイクは、屋敷に迫る脅威に立ち向かってゆく…続きは映画館で!

出典:moviewalker

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの予告動画

以下、ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの予告動画となります。

映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」予告A

映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」予告B

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのエイサバターフィールドと古川雄輝がソックリ!!

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのエイサバターフィールドと古川雄輝さんがそっくりらしいです

ほんと、ソックリですね^^

古川雄輝とは?

古川 雄輝(ふるかわ ゆうき、1987年12月18日 )は日本の俳優。愛称は、ふるぽん。東京都出身。ホリプロ所属。身長180cm

出典:Wikipedia

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク