シングルマザー、子連れ移住支援で子供の貧困を救う!大きな落とし穴も!?

シングルマザーという言葉は昔ほど特別な言葉ではなくなってきました。バツイチ、バツニなんてのも今では別に普通のこと。しかし、それに伴って子供の貧困が社会問題となっている悲しい現実もあります。働きたくてもシングルマザー、片親というだけで断られたり子供がいることがネックとなって思うように仕事や行動できないといったもどかしさを抱えている親御様も多いことでしょう。

そんな、方々に救いとなるかもしれないシングルマザー以上支援制度、子連れ移住支援制度について紹介します。

スポンサーリンク

シングルマザー移住支援、子連れ移住支援ってなに?

シングルマザー移住、子連れ移住支援とは、シングルマザーをはじめとするいわゆる一人親世帯を支援して移住してもらおうという制度です。支援する地域も人口減少や過疎化、人手不足など人員に関する様々な問題を抱えています。それを、条件はつきますが、経済面、居住面などで支援を行うことによって移住してもらおうという狙いです。

シングルマザー移住支援の条件例

シングルマザー移住支援を実際に行っている地域の条件や支援内容の例をここに紹介します。

島根県浜田市の場合
条件
・県外からの移住であること
・高校生以下の子どもがいるひとり親で、子どもと一緒に移住すること
・浜田市が指定する介護事業所で就労研修が可能である
・介護職場での就労が未経験(資格の有無は問わない)
・研修終了後も浜田市で定住し続ける意思がある
・年齢が 65 歳未満・・・etc

支援内容
・研修手当 月額15万円以上
・家賃の 1/2 補助(最大2万円)
・その他(支度金や一時金の支給など)
支援は1年間のみ
新潟県の場合
条件
・親子等で県外から新潟県内の市町村に移住し、住民登録をすること
・ひとり親世帯であること
・基準以下の世帯収入であること(家族の人数等に依る)・・・etc

主な支援内容
・引越し費用 最大15万円(県奨学金を利用する基準以下の収入の世帯のみ対象)
・奨学金(高校生なら月額最大30,000円、大学生なら月額最大44,000円)
・奨学金返済時に世帯年収が300万円以下の場合、返還を無期限で猶予
・大学などの入学一時金を無利子で最大50万円貸与
・介護事業所に就職する際に、県外からの引越し費用や就職準備金を支援

この他の地域でも、シングルマザー、子連れの家族の移住支援を行う取り組みはどんどん広がっています。もし、シングルマザーの方で、移住支援を受けたいと考える人がいるのであれば各地方自治体に問い合わせてみるといいでしょう。

シングルマザー・子連れ移住支援の落とし穴とは?

もちろん、甘いおいしいことばかりではありません。シングルマザー・子連れ移住支援制度にはそれなりの条件がつきます。移住先での定住年数や勤務先、指定団体での就労条件などがあります。さらに、移住先の地域によっては今住んでいる地域とはあまりに環境がかけ離れていて住むのがツライというようなこともあるでしょう。事前にしっかり調べておく必要があります。

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク