小室哲哉引退会見に安藤裕子、木村太郎が苦言で大炎上中

音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退すると会見しましたね。小室哲哉さんといえば最近、不倫疑惑報道で世間を騒がせてしまいましたね。小室哲哉?不倫?引退?え?と思い色々調べてみましたが、まー報道っていい加減なものだなぁと感じた部分もありましたね。私もいきなりのことで整理が出来ていない部分もありますが、今回の小室哲哉さんの引退についてのこと書いていきたいと思います。

画像出典:https://news.nifty.com

スポンサーリンク

小室哲哉のプロフィール

別名:
t
t.komuro
TK
TECHI KOMURO
TETSUYA KOMURO
Tetsuya Komuro
Tetsuya_Komuro
TETSUYA “TK” KOMURO
566
DJ TK
t.tek 2
TAN DK
Lifecell
Digital “Cheap” Snake
スーパーウェーブ小室

生年月日:1958年11月27日
出身地:東京都府中市
学歴:早稲田大学社会科学部中退

ジャンル:
J-POP
テクノポップ
テクノ・ダンス・ミュージック
EDM
トランス
ニューエイジ
R&B
ヒップホップ
プログレッシブ・ロック
オルタナティヴ

職業:
音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
編曲家
トラックメイカー
キーボーディスト
シンセシスト
シンセサイザープログラマー
ミキシングエンジニア
DJ

担当楽器:
キーボード
シンセサイザー
ピアノ
ギター
ベース
ドラムス
コーラス
ボーカル
オルガン
ブルースハープ

活動期間:
1975年 – 2018年
レーベル Sony Music Entertainment
/Epic/Sony Records
/TRUE KiSS DiSC
(1984 – 2000)
avex trax
/avex globe
(1991 – )
パイオニアLDC
/ORUMOK RECORDS
/factoryorumok
/Tatsumaki Records
(1995 – 2001)
PONY CANYON
/FLIGHT MASTER
(1998 – 2001)
R and C
/gaball screen
(2001 – 2007)
Syn Songs
(2006 – )

事務所:
Jun & Kei
(? – 1994)
Office TIMEMACHINE
(1983 – 1994)
OPERA GIG
(1992 – 1994)
Antinos Management
(1993 – 2000)
TK state
/TK MUSEUM
/TK state America MUSEUM
/TK SEQUENCE
/TK SEQUENCE America
/TK ENTERTAINMENT SERVE
/Prime Direction TK Room
/tetsuya komuro rise
(1993 – 2000)
Rojam Entertainment
(1998 – 2004)
吉本興業
(2001 – 2007)
Tribal Kicks
(2004 – 2007)
TKCOM
/Empire Play Music
/イーミュージック
(2007 – 2008)
Avex Management
/a nine
(2009 – )

共同作業者:
宇都宮隆
木根尚登
久保こーじ
浅倉大介
松浦勝人
松尾和博
岩佐俊秀
志村明
溝口和彦
kco
マーク・パンサー

本当に多くの音楽での功績を残されましたよね。でも、まだ心のどこかで復帰してきてほしいという気持ちもあります。

小室哲哉、不倫疑惑はうそ?

小室哲哉さんの不倫をかなりクローズアップして報道していますが、どうやら小室さんの話を聞く限りでは看護師の女性とは不倫関係ではないというのが濃厚なようです。

むしろ不倫とかそんな余裕なんてないように見受けられました。

小室さん、かんぜんに疲れてたというか軽くやつれている感じでしたよね。

小室哲哉引退会見に安藤裕子、木村太郎の発言が炎上!?

不倫&略奪婚女とか、眠そうな感じで何言ってるかよくわからない仕事まともにできてなさそうなジジイは間違っても言っちゃいけないセリフですね!

あ、安藤裕子さん、木村太郎さんのこととは一言もいってませんよ?ww

小室哲哉引退会見、最後の部分が考えさせられる

小室哲哉さんは引退会見の最後でこんなことを言われました。

すみません。最後に一言だけ。すみませんいいですか。
僕たった1人の言動で日本が社会が動くとは思いませんが先ほどもいいましたようになんとなくですが、高齢化社会に向けてだったりとか、介護みたいなことの大変さだったりとか、社会のこの時代のストレスだったりですとか、少しずつですけどこの10年で触れてきたのかなって思ってるので・・・こういったことを発信することでこの日本もそういったことをみなさんも含めて、何かいい方向に、少しでもみなさまが幸せになる方向に向いてくれたらいいなと心から思っております。微力ですが少し何か響けばいいなと思います。ありがとうございました。

日本も色々と考え直さないといけない時期なのかもしれませんね。

スポンサーリンク