岡口基一裁判官、twitterで不謹慎発言!ブリーフ姿がふざけすぎ!

岡口基一裁判官がtwitterで事件の被害者が気分を害するツイートをしたという事件おそらくすでに多くの人がご存じかと思います。もちろん、悲惨な事件を引き起こした犯人が一番憎まれるべき人物であり許せない人物であると思いますが、そういったものをいわゆる「ネタ」にして嘲笑したり茶化したりする人間も同じぐらい許せないものだと私は思っております。

まずは、岡口基一裁判官の不謹慎ツイートについて説明いたします。


画像出典:amazon

スポンサーリンク

岡口基一裁判官の不謹慎ツイートとは?

まずは問題の岡口基一のツイートの問題について。

東京都江戸川区で2015年に殺害された都立高3年岩瀬加奈さん(当時17歳)の遺族が26日、東京高裁の岡口基一裁判官(51)のツイッターに被害者の尊厳への配慮が全くない投稿をされたとして抗議する文書を高裁に提出した。

岡口裁判官のツイッターに「首を絞められて苦しむ女性に性的興奮を覚える性癖を持った男」「そんな男に、無惨にも殺されてしまった17歳の女性」との投稿を発見。

遺族側は文書で「被害者の尊厳への配慮が全くないどころか、事件を軽視し茶化(ちゃか)している」として岡口裁判官を厳重に処分するよう求めた。裕見子さんは「判決を委ねる裁判官がこのようなことをするのは信じられない」と話している。

引用:yahooニュース

一体この岡口はどういう気持ちでツイートしたんでしょうか?

私は裁判官という職に就いたことはありませんし法律の知識もありません。

しかしながら、こういったツイートはむやみにするべきでないことぐらいは社会人として分かります。

時にネットは悪人であったり倫理観に欠けた者、不道徳な行いや狡猾な者に対して制裁を加えるという役割を持つようになりました。それがいいか悪いかは別として。

しかし、今回の岡口の行動は上記のどれにもあてはまらないような気がします。

むしろ岡口基一コイツの方が倫理観に欠けてる人物と言えるのではないかって思ってしまいます。

岡口基一、ブリーフ姿はふざけている?

ここでは紹介しませんが、岡口基一はtwitterのヘッダー画像に自身のブリーフパンツ姿を掲載しています。

さらにツイートでも裁判官である前に社会人としていかがなものかと思われるような画像を投稿したりしていたようです。

こうした行動に裁判所からの幾度もの注意にも従わなかったために戸倉三郎東京高裁長官から厳重注意を受けたそう。

もう、本当にね、学生がおふざけでツイッター使ってるのと変わらないじゃないですか。

岡口基一には息子もいるんですよ?医者目指しているみたいです。

岡口基一の息子だって父親が、人の気持ち踏みにじるようなツイートしたり社会人として公に後悔するにふさわしくないような姿で写真をとって公開したり、他にもそういう画像をツイートしたりしていることを知っていたらさぞかし悲しいでしょう。

事件の被害者の方々を茶化し、悲しませて、おそらく息子や家族にもそこそこの迷惑をかけているであろう岡口基一。

こんなヤツでも裁判官になれる国ってちょっとどうなのかなと思ってしまいました。

スポンサーリンク