障害者女性を暴行した仙台国際ホテル料理長の画像や名前、経歴を紹介!

仙台国際ホテルにて本当に許されない事件が起きたようです。なんでも、仙台国際ホテルでは、いわゆる障害を持つ女性の方を雇用されていたようで彼女に対して暴言や暴行を働いたということで物議を醸しています。人を食で楽しませたり喜ばせたりしてくれる料理人の方が同じ働く仲間に対してそんなことをするなんて本当に神経を疑ってしまいます。最初は、仙台国際ホテルのこのパワハラ自体を正直疑ってしまいましたがどうやらほんとうのようなのです。

スポンサーリンク

仙台国際ホテル障害者女性暴行事件とは?

仙台市青葉区の仙台国際ホテルの洋食部門に勤務する40代の男性料理長ら3人から暴行を受けたとして、宮城野区の同ホテル従業員鎌田あゆみさん(21)=休職中=が6日、仙台中央署に被害を届け出た。刑事告訴を検討しているという。同署は近く、関係者から事情を聴く方針。
鎌田さんによると、フレンチレストラン「セラン」に勤務していた2016年7~12月、調理場で料理長から「お前の触った物を触ると障害がうつる」と暴言を吐かれ、「息が合わない」と左頬を右手で殴られて鼻血が出たこともあった。今年1月2日には腰付近を蹴られ、転倒したという。
40代の男性従業員には「食材を取ってくるのが遅い」としかられ、顔や首をわしづかみにされたほか、包丁ケースに性的な内容を落書きされた。20代の元従業員の男性からは無理やり頭を押さえ付けられ、ガス台で頭髪を焼かれたという。
ホテルによると、1月2日に鎌田さんから「料理長に暴力を振るわれた」との訴えがあり、同日中に母親(42)を交えて面談。ホテルは料理長が膝で突き飛ばした事実を認め謝罪した。
その後も暴言が続いたとして、鎌田さんは6月下旬から休職中。ホテルは内部調査を実施したが、他に暴力や暴言は確認できなかったといい、今月、仙台簡裁に民事調停を申し立てた。
鎌田さんは「警察に暴行被害について相談し、少し安心した。今後、告訴状を出したい」と語った。
ホテルの野口育男社長は「調査を尽くしたが1月2日以外の事実は一切なく、双方に認識のずれが相当ある。捜査にはできる限り協力する」と話した。
鎌田さんは16年4月に同ホテルに正社員として採用され、同7月ごろセランに配属された。両脚に生まれつきまひがあり、障害等級は4級。

引用元:河北新報

さて、ホテルサイドは一部の障害者女性に対しての暴行や暴言に対して彼女の訴えの一部は認めているようですがそれ以外の事実は確認ができなかったと述べています。

しかしですよ、普通に考えて一人の大人の女性が必死に訴えていることが全くのウソだなんてことありえるでしょうか?ましてや、前髪をガス台で焼かれた、包丁ケースに性的ないやがらせをかかれたなどそんなレベルのこと全くのウソを言うでしょうか?包丁ケースに書かれた嫌がらせについては実際の画像もニュースで公開されていました。

パワハラのそもそもの原因て?

もしも、彼女が仕事上においてどうして悪い言い方ですが、つかいものにならない働きなのであればそれはその事実を説いて彼女を解雇すればいいだけの話です。

厳しいようですが、賃金に見合う働きができないのであれば仕事から外すというのは普通の考えです。私が、どんなに宇宙飛行士をやらせてくれとNASAに頼んでもそれに見合う仕事ができる能力も技術も絶対にありませんからまず仕事はさせてもらえません。

能力がないと判断するのなら仕事から外せばよい。本当にこれだけの単純な話です。

それが、お前は遅いんだ!だの、触ったものに障害がうつるだの

本気でそう思っているのであればそれをホテルの上層部に説明し彼女を解雇すればいいだけの話。そうでもなく、彼女へ嫌がらせや暴行、暴言を続けるのであればはっきりいって、仙台国際ホテルで障害者女性に暴行や暴言を働いた人間は正直、とるにたらないレベルの低い人間と言わざるを得ません。

仙台国際ホテルの料理長はどんな人?

さて、気になりますよね?仙台国際ホテルの料理長がどんな人か。私も、こんな大きな事件があったのだからさぞホームページから写真などは消しているのではないかと思ったのですが、なんといけしゃーしゃーと料理長の写真があるではありませんか!!

画像出典:仙台国際ホテルウエディング

さて、みなさま、こいつが仙台国際ホテルの料理長の中村善二でございます!

なんと、2008年には厚生労働省から現代の名工も受賞しているみたいです!コイツすごいですね!さらに経歴や肩書

(公社)全日本司厨士協会
関東総合地方本部
宮城県本部首席副会長
(社)宮城県調理師会 会長
(社)日本エスコフィエ協会理事
宮城県大崎市おおさき宝大使
日本ラ・シェーヌ・デュ・ロティスール協会東北支部会員
クラブ・ガストロノミック・プロスペール・モンタニェ日本支部会員
ゴブラン会会員

主な経歴
平成10年 仙台市技能功労賞
平成13年 (社)全日本司厨士協
会最高技術顧問金賞
平成14年 厚生労働大臣賞
平成15年 卓越技能者として宮城県知事表彰
平成16年 産業功労者として宮城県知事表彰
平成20年 卓越した技能者として厚生労働大臣表彰
平成27年 厚生労働省春の黄綬褒章受賞

引用元:仙台国際ホテルウェディング

少なくとも、これだけの経歴や肩書を得るのにはたくさんの努力をされてきたことでしょう。なのに、なんでと本当に残念で仕方ありません。

仙台国際ホテルとパワハラ暴行、暴言を働いた料理長や従業員、元従業員へ

私は普段から少々感情的になる部分があるのですが、今回のこの一件も感情的にならずにはいられません。

お前らのやってることがどれだけ卑劣でどれだけ低能かわかるか?職場は人を虐げて楽しむ場所じゃねえんだよ。たいそうごりっぱな経歴持ってるみたいだけど、クソみたいな振る舞いしかできねえんなら今すぐその仕事やめろや。お前らの行動で業界にバカがうつるかもしれねえからな。

障害者でも虐げられない場所が必ずある

今回、パワハラを受けた障害を持つ女性のように悲しい思いをしている人はきっと多くいることでしょう。でもね。今の時代、色んなことができてきました。働き方だって変わってきました。もしも、料理人で食べていきたいのならホテルの厨房で働くことだけが選択肢ではありません。ブロガーやYouTuberなんていう仕事もできました。個人で事業を断ちげることもそんなに難しいことではなくなってきました。だからこそ私は今回つらい思いをした障害を持つ女性とお味ような思いをしている人に言いたいと思います。

あなたを傷つける人間たちはあなたが出会う人間のごく一部です。もっともっと素敵な人たちに出会える未来があるとしたらそこに近づくためにも色んな人に出会って色んな経験をしてください。私自身も仕事でツライ思いをしたことがあるので自信をもって最後に伝えたいと思います。

アナタが生きる場所は自分が求めれば必ず見つかります。

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク