ノーベル物理学賞、日本人は?話題の重力波とは?簡単にわかりやすく解説

ノーベル物理学賞で重力波という言葉が話題になっていますね。重ねて、今回のノーベル物理学賞受賞者の中に日本人がいなかったことも話題となってます。しかし、今回のノーベル物理学賞のキーワードとなる重力波の研究には日本人の研究者も多数関わっているということで同じ日本人としては誇らしいですよね。

スポンサーリンク

ノーベル物理学賞、重力波とは?

さてさて、ノーベル物理学賞という言葉はおつむの残念な私でもなんとか理解できるのですが、この重力波というもの。一体どういうものなのかちょっとよくわからないですよね?そこで重力波について少し調べてみました。

重力波とは、簡単に言うと?

重力波について簡単に説明してみたよ!とか、重力波、子供にもわかる解説なんて記事をいくつも見かけましたが、どれもこれも、「わからんがや!ww」って感じで全くチンプンカンプンでした。

「重力波とは、光の速度で伝播する時空のひずみ・つまり”時空のさざなみ”のようなもの。
アインシュタインによって、重力とは時間と空間(時空)の曲り(ひずみ)であることが判明しています。
重力源が時間的に変化すること、このひずみも時間的に変化して
四方八方に広がることで重力波は発生する」
東京大学理学系研究科物理学専攻 坪野教授

引用元:Ladycute

結局、水に波があるように重力にも波があるんだよーってことを観測したとかそういうことらしいです。

なんか難しいですねww

ノーベル物理学賞、重力波、twitterでの反応は?

twitterでのこんかいのノーベル物理学賞、重力波の反応をまとめてみました。

関連情報一覧
おすすめサイト: ニキビの直し方

Related Posts

スポンサーリンク